2019.3.10 SUN-5.7 TUE B&C HALL(天王洲アイル)

ワイン発祥の地、ジョージア。

カスピ海と黒海に挟まれた
南コーカサスの国ジョージアでは、
約8000年前からワインを醸造していたことが
遺跡の出土品からわかっています。
ジョージアはブドウを栽培するのに大変適した環境にあり、
ジョージア原産の品種はなんと525種類。
ブドウの年間収穫量約20~25万トン、
ワインの生産量約1億リットルを誇るワイン大国、
それがジョージアという国です。

This is an amazing trip to encounter Georgian wine.
This trip is intellectual to get to know about the country of Georgia,
and historical one going way back to 8000 years ago,
and also virtual one equipped with the cutting-edge technology.And for the people of Georgia,
the grand trip with a mission to spread and popularize Georgian wine in Japan.
With an utmost passion and respect,
we take many of you to present Georgian wine,
its history, culture, nature and the charms of the country.

About

ジョージアワイン展とは

ジョージア
ワイン発祥の地
Georgia Homeland of Wine
ジョージアワイン展のテーマは、Little Trip。

それはジョージアという国を知る知的な旅であり、
ジョージアワインが生まれた8000年前への歴史的な旅であり、
最先端技術を使った仮想的な旅でもあります。

本展示会では「クレオパトラの涙」とも称される
世界最古のワインの文化や歴史、
またクヴェヴリ(壺)を使った昔ながらの製法などを、
ジョージア国立博物館所蔵の歴史的な美術品や
ソニーの最新技術が生みだす映像空間で
心ゆくまでお楽しみいただけます。

Georgia, where the wine was born.

Georgia, surrounded by Caspian Sea and Black Sea,
nestled in the south Caucasus mountains,
is a birthplace of wine.
The researchers discovered wine residue on pottery shards from
the archaeological sites in Georgia dating back to 8000 years ago.
This exhibition presents the history and the culture of world’s oldest Georgian wine,
sometimes referred to as “Tears of Cleopatra”,

including the traditional Qvevri
(egg-shaped earthenware vessel) wine-making method,
historical artifacts from Georgian National Museum,
immersive audiovisual experience by Sony’s cutting-edge technology.

  • 開催日程
    2019年3月10日(日)~5月7日(火)
    休館日
    隔週月曜(3月25日、 4月8日、4月22日)
    ※予定が変更となる場合がございます。
    開催時間
    11:00~18:00(平日の金曜日に限り20:00まで営業)
    ※最終入場は30分前まで
    ※期間中の一部併催イベントによっては
    開催時間が変更する場合があります。
  • メイン会場
    寺田倉庫 B&C HALL(東京・天王洲)
    東京都品川区東品川2-1-3
    入場料
    ¥1,000(税込)
    ※未就学児は無料
    ※ジョージアワイン展特製
    オリジナルパンフレット付き
    (非売品:計52ページ)
    展示内容
    ジョージア国立博物館所蔵のワイン文化関連物、
    及び美術品、
    パネル展示、
    デジタル企画展示、ジョージアワインの試飲、
    ジョージアワインの販売 他
  • 主催
    ジョージア国家ワイン局、ジョージアワイン協会、
    ジョージア国立博物館
    主催協力
    ジョージア環境保護・農務省、
    ジョージア教育科学文化スポーツ省、
    外務省、ジョージア観光局、在日ジョージア大使館、
    在ジョージア日本大使館、ジョージア特許庁
    後援
    日本貿易振興機構(ジェトロ)、一般社団法人日本ソムリエ協会
  • 企画制作/運営事務局
    株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ、
    ジョージア国家ワイン局、ジョージアワイン協会
    展示協力
    Asia AC株式会社、ソニー株式会社、
    寺田倉庫、TD Republic、凸版印刷株式会社

News

新着情報

    More Close

      Events

      展覧会内容

      • ソニーの最新映像システムによる
        究極のジョージア没入体験
      • ジョージアの伝統料理ヒンカリも
        カフェにて数量限定でご提供(有料)
      • クリスタルのブドウが光り輝く
        フォトジェニックなスポット
      ※ソニーの最新映像システム「Warp Square」は、
      4K超短焦点プロジェクターの映像を
      壁面に投影することで、
      部屋そのものを仮想空間にするソニーの映像システム。
      継ぎ目のない高画質映像に囲まれることで、
      あたかもそこにいるかのような体験ができます。

      Ticket

      チケット情報

      • 開催期間

        2019.3.10(Sun)-5.7(Tue)

      • チケット料金

        会場販売のみ:[一般] 1,000(税込)
        オリジナル特製パンフレット付き

      Access

      会場

      寺田倉庫 B&C HALL(東京・天王洲)
      東京都品川区東品川2-1-3
      りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分
      東京モノレール羽田空港線 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分

      Georgian Wine

      ジョージアワインとは

      ジョージアではクヴェヴリという
      壺を使った伝統的なワインづくりが
      約8000年にわたって途切れることなく続いています。
      このクヴェヴリというのは、ジョージアの土を使い、
      クヴェヴリ専門の職人が窯で焼き上げた素焼きの壺で、
      収穫されたブドウを踏みつぶし、果皮や梗、
      種を一緒にクヴェブリへ入れ地中に埋めて発酵させることで、
      独特の「琥珀色」のワインは生まれます。
      この伝統的で環境に優しいワインづくりは
      2013年12月にユネスコの世界遺産に登録されており、
      ジョージアワインは今世界中の注目を集めています。